引っ越しちゃう!?

わたしが人に誇れるものって?それは引っ越し回数だった

引越し最大のメリット=「モノが減る」

f:id:yukaricca:20171114150141j:plain

こんにちは!ユカリッカです。

わたしが思う引っ越しの最大のメリット、それは「モノが減る」ということです。

 

おりしも今は空前の「捨てるブーム」。

モノが少ないことがステータスになりつつあります。

 

買えないんじゃないんだからねっ!

持たないんだからねっ!

 

梱包してまでして運んだ後悔

引っ越しの時、モノと真剣に向き合うのっていつだと思いますか?

「引っ越し準備のとき」

そう思いますよね!?

 

それは違います。

引っ越し準備のときはテンパっているので、手当たりしだい箱に詰めて終わりです。

なんてったって時間勝負ですから!

 

後悔するのは、引っ越し先で開梱するとき。

「あーなんでこんなモノ、持ってきちゃったのー!」

 

引っ越し荷物は、自分からの贈り物

f:id:yukaricca:20171115103031j:plain

引っ越し荷物を新居で開けていく作業って、ワクワクしますよね。

この箱は何が入ってるかな〜?

箱から自分のお気に入りが出てくると、それだけで嬉しいものです。

(いや、箱に中身は書きますけどね)

 

それがですよ。

なんだか訳の分からないモノが、なぜかきちんと梱包されて出てくると、イラっとするのです。

そういうモノは、大抵かさばるモノなのです。

 

真夏に海の家で買った、変な色の麦わら帽子。

使ったのは最初だけ、のサラダスピナー。

色あせて壊れかけた収納用の籐カゴ。

 

わたしゃお金を払って空気を運んだのか!?

 

引越し後、後悔しつつも処分すればOK。

しかし「せっかく持ってきたんだから使おう」と思って収納するとOUT。

 

引越しはモノと向き合うチャンス

そんなこんなを繰り返し成長したわたしは、引越し前と後の2回、モノと向き合えるようになりました。

 

 「引越し=家をカラにする」なので、嫌でもモノひとつひとつと向き合います。

「お金を払ってでも持って行きたいか?」を自分に問いかけ、答えを出していきます。

 

引越し前に関門を突破したモノであっても、新しい家にくると魅力が失せたりもします。

その時は2次審査。

 

引越しのたびにモノが減っていく、が理想ですね。