引っ越しちゃう!?

わたしが人に誇れるものって?それは引っ越し回数だった

屋上に洗濯干場があるアパート

こんにちは!ユカリッカです。

以前住んでいたアパートで、屋上に洗濯干場があるアパートというのがありました。
住人全員家族かよ!という大胆な屋上でしたが、意外と活用していました。

 

狭い1Kの洗濯事情

f:id:yukaricca:20180105200743j:plain

そのアパートは狭い1K、3階建てで15世帯(というか15人)ほどが住んでいたと思われます。

例のバッグがカビた部屋で、わたしは1Fに住んでいました。

 

一応ベランダに洗濯干のポールが付いているのですが、都会によくあるアレですよ。ベランダの手すりより上に干しちゃいけないっていうアレ。

そんな低い位置では下着くらいしか干せないっていう。

で、下着だけ干して外に出たら、ベランダの隙間からバッチリパンツ丸見えだったって話で。。。

 

そうなったらもう、部屋干しです。
ただでさえ湿気がすごいのに、部屋干しでさらに加湿。
カビる訳ですよね。

しかしまぁ通常の洗濯であれば、それでOKでした。

 

大物を干すのに困る

困ったのは、布団カバーやタオルケットなどの大物。

物干しハンガー(洗濯バサミがいっぱいぶら下がったヤツ)に蛇腹に干すも、タオルケットは重くて無理。

そんな訳で、屋上のお世話になってました。

そんなキレイ好きでもないので、年に数回でしたが。

 

1F在住のわたしが3Fを超えて屋上まで。洗濯物を抱えて屋上まで。

途中で住人に会わないことを祈っていました。

 

屋上でドッキリ!

f:id:yukaricca:20180105200748j:plain

午前中干して、午後3時頃取り込む。
洗濯ってそんなものですよね。

 

それがある日、午後3時頃タオルケットを取り込みに行くと、あら不思議。
一番日当たりの良い場所に干したにもかかわらず、タオルケットが後ろの方に移動しています。

しかもわたしが干していた場所に、まさに今から干そうとしている男性が!午後3時に干そうとしている男性が!!

もういろんな意味でびっくりです。

そもそもわたしはタオルケットを干す前に、竿を濡れ雑巾で拭いてから干しましたが、アンタ移動させる前に拭いたんかいっ?

まぁその人が移動させた確証もないし、関わりたくないので、タオルケットをさっさと取り込んで帰りましたけどね。

ひとこと言ってやりたかった。
「干すの遅いよ!」と。

 

それ以来、屋上に干すのはやめました。